いいね!いいね! (6)
Loading...

平成29年10月29日二週連続で季節外れの台風に見舞われました。

台風22号は足早に過ぎましたが、素晴らしいプレゼントもありました。

いつも投稿いただくOさんから、その台風のプレゼントである秋の虹の写真を俳句と共にお寄せ戴きました。

時間の経過とともに変化する虹をご覧ください。

Oさんいつもありがとうございます。


虹立つも 消ゆるも音を 立てずして

(山口波津女)

台風が紀伊半島沖を通り過ぎて立つ虹(16:54)

4分後に雲間から差し込む夕日(16:58)

七彩は淡くなり始める(16:58)

虹先端に黄金の壺があるという(16:59)

虹は夕立の後鮮やかに輝くため

夏の季語とされます。秋の虹の

多くは色淡く、すぐ消えます。

夕虹は明日の晴れを告げるとか。

――――――――――――――――――――

10月29日一丁目東内にて撮影、カッコ内は時間。同日八郷西小学校創立40周年を記念する地域文化祭開催。)

虹を追いかけるも日没で幕切れ(17:04)

俳句は『俳句歳時記』(角川学芸出版)より。

以上

参考
八郷西文化祭
 

コメント一覧
  1. やさと紫陽花クラブ kei より:

    O様
    素晴らしいですね「虹」の写真。ちょっと場所が違うとこうも違うのでしょうか!(^^)!(千代田町)
    八郷ふれコミのやさと紫陽花クラブのブログを担当していますが、先日アップしました「虹」の写真とは比べものにもなりませんね。
    いやいや、場所だけではありませんね!技術・カメラもきっと違うでしょう。(*^_^*)
    これからも素敵な写真そして俳句、楽しみにしています。

    • あかつき台一丁目東ブログ担当者 より:

      やさと紫陽花クラブ kei 様
      コメント有難うございます。
      やさと紫陽花クラブ様のご活躍はいつもブログにて拝見いたしております。
      もう来年のこいのぼりの準備をなさっているのですね。
      より良い地域づくりへの献身的なご努力に頭が下がります。

      貴コメントへの返信をOさんにお願いしておきます。

  2. 匿名 より:

    見事な「虹の写真」感激しました。このようにタイミングよく撮影される、センスに敬服します。
    今後も、このような写真を撮影して、地域によって見ることの出来ない、人達を楽しませて下さい 。MT

    • あかつき台一丁目東ブログ担当者 より:

      MT様
      コメントありがとうございます。
      地域を見守る多くの目によって、このような光景をとらえることが出来ました。
      これからも地域の身近な情報をお届けできればと思っています。
      今後もコメントお待ちしています。

  3. 1東住民 O より:

    「一枚の写真」

    やさと紫陽花クラブ kei 様 
    貴重なコメントを戴きありがとうございます。貴クラブのブログに遅ればせながらアクセスしkeiさんの写真(16:59撮影)を拝見しました。
    白黒写真を現像焼き付けしていたころ、「その写真一枚であなたはどれくらい長く話せますか」と問いかけられたことがあります。keiさんは愚作を見ながら、
    >「ちょっと場所が違うとこうも違うのでしょうか」とたぶんご自身に話しかけられたものと思います。そして
    >「技術・カメラもきっと違うでしょう。(*^_^*)」の独白。
    今のデジタルなカメラの諸機能にたぶん大きな違いはないと思われます。

    同じ朝明川流域一帯の上空に浮かぶ雨滴にかかる虹ですが、住宅地ではどうしても電線が虹を分断します。午後4時54分の愚作のスマホ画面には、密集した家への引き込み線、電柱が映りこみました。そこで虹とは逆の西へと走り、さらに雨水でぬかるんだ急坂を上り59分、海抜約70メートルにて黄金の壺があるといわれる場所を突き止めるとこができました。keiさんの一枚を出汁にしたコメント上の長話をお笑いください。

    でも、どうして数分間、虹を追いかけたのでしょうか。それだけ嵐の後の空からのプレゼントが美しかったからかもしれません。孫が来たとき虹の写真を見せてあげたら喜んでくれるからかもしれません。
    keiさんを始め貴クラブの皆さんは、今から来年の薫風に泳ぐ鯉のぼりづくりに余念がありません。それは、こどもたち、一児、二児、三児のパパやママ、そのパパやママの喜びのためと思います。

    • やさと紫陽花クラブ kei より:

      1東住民 O様 
      お話楽しく拝見しました。
      白黒写真云々からしますと私と同年・もしくはちょっと上かなと推測します。お話のようにほんの少しの時間でも何かに一生懸命になる・・・いつまでも持ちたい気持ちです。
      美しかった写真きっとお孫さんは喜ぶ事でしょう。うちの5歳の孫も虹を見るなり「お母さんに言ってこよう!」と家に走って行き、飛んで出てきた家族とほんの数分間の虹を見上げたものです。きっといい思い出になった事と思います。
      お孫さんもひょっとしたら本当の虹が見たかったよ!と楽しい会話になるかもしれませんね!(^^)!
      恒例のこいのぼりも親子だけでなく、我々も大いに楽しませてもらっています。
      是非また、ゴールデンウェークには元気よく泳ぐこいのぼりをカメラに収めてみて下さい。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 あなたのお名前はコメント投稿者名としてホームページに表示されますが省略すれば匿名となります。 あなたのメールアドレスはホームページ上には表示されませんのでご安心ください。 (ご記入いただくことにより、ブログ投稿者からの直接の応答も可能となりますが、省略していただいても結構です) また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)

ちょっと寄り道の関連記事