山分町自治会7月定例会議事録

山分町自治会7月定例会議事録です。

PDFファイルにて提供しています。

山分町自治会7月定例会議事録

コメント一覧
  1. いつもこの山分町の議事録を愛読しています、八郷の自治会及び情報は分かりませんのでこの掲載されるニュース源として楽しみにしています。今回思わぬ情報が出ましたのでお聞きします。
    活動団体から排除されたという話ですが、八郷の活動の推進をしておられるのは「八郷まちづくり委員会」です。このホームページの設立も山分町の有志のお力で発足してます。そして各種行事の立役者的存在で活動されてます、先の八郷地区活動団体協議会の会合でまちづくり委員会を排除したとの話が聞かれる中で、今回の稲垣管理人を無能者「能力不足」で罷免的な処分をしたという挨拶文で知りましたがどうしてなのか理解できません、稲垣さんの場合は人権侵害問題になりますので人権擁護委員に相談すべきです。まちづくりは憲法94条に制定されいる、一定の地域を基礎として、その地域内に住所を持つすべての住民で組織される、公法的な団体でその地域に関係する住民に対して支配権を持つもので自治団体とも呼ばれるものです。自治会としてはどのように対応されるのか知りたいですがこの問題提起は連合会の決議としているのかどうか知りませんが了解されている問題ですか知りたいです。

     

    • 自治会費を払っている住民 より:

      関連コメントに皆さんが説明を求めていますが、いまだに対応できていません。
      連合自治会役員で、説明できる人は誰もいないのですか?
      本件はじめ、決議事項がどのようなプロセスを経て決められているのか、八郷見守り隊さんのように私も知りたいです。

  2. 怒りの八郷住民A より:

    このブログを読んだ連合自治会役員や八郷西自治会協議会役員は、
    連帯責任があるはずです。何らかの行動を起こすのが責務ですぞ。

  3. 八郷見守り隊の意見に賛同する者 より:

    長年、地域のホームページの管理人として大役を果たしてきた稲垣氏に新連合自治会長から突然に「能力不足」との理由で解任された記事を読んで大いに驚きました。ITに関しては連合自治会長より稲垣氏の方がはるかに能力において優れていることは、誰の目にも明らかなことです。
    それを突然の解任となれば、多くの地域住民は稲垣氏に何かそれ以上の不正があったのではないかと勘繰る人も出てきます。
    これは、人権侵害ではないでしょうか?
    基本的人権の尊重とは、人が生まれながらにして持つ権利を尊重することです。憲法11条では、基本的人権を、「侵すことのできない永久の権利」として国民に与えられると宣言しています。
    東京オリンピック組織委員会の会長であった元首相の森喜朗氏が女性蔑視の発言で首になったことは皆さんもご存知のことと思います。
    地域において個人的にこのような、人権侵害が行われていることに地域住民は怒りを覚え、彼を救済しようではありませんか?

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 あなたのお名前はコメント投稿者名としてホームページに表示されますが省略すれば匿名となります。 あなたのメールアドレスはホームページ上には表示されませんのでご安心ください。 (ご記入いただくことにより、ブログ投稿者からの直接の応答も可能となりますが、省略していただいても結構です) また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)

山分町自治会の関連記事