2021年9月もあとわずかになり、一段と秋らしくなってきました。

町内のKさんとMさんから、伊坂ダムの直近の写真が届きました。

身近な場所で素晴らしい景色を見ることが出来ます。

伊坂ダムは八郷地区の誇りですね。

緊急事態宣言が9月末で解除される予定です。

散歩に良い季節になりましたので、皆さんも是非訪れてみて下さい。

美しい景色を皆さんと共有できます事を嬉しく思います。

KさんMさん有難うございました。又のご投稿をお待ちしています。

 

2021年9月27日午後Mさん撮影

2021年9月28日 日の出の頃Kさん撮影

以上

コメント一覧
  1. 芸術作品鑑賞愛好者 より:

    素晴らしいの一言です。リアルな写実的な真に迫った風景は本当にリアリスティックという表現という言葉になります。私はいつも四日市市民芸術文化祭等や個展が文化会館で展示される作品を鑑賞するのが趣味です。写真を撮る心境などコメントもあればという思いです。ありがとうです。

    • ちょっと寄り道ブログ担当者 より:

      芸術作品鑑賞愛好者様
      コメント有難うございます。
      良い趣味をお持ちですね。
      当ブログが芸術作品鑑賞愛好者様のお目に止まって嬉しく思います。
      私の場合、写真を撮る心境は、口ではなかなか言い表せませんが、自分の感じたことが少しでも伝わればとの思いで、シャッターを押しています。
      おそらくKさんもMさんも同じと思いますが、機会があれば聞いておきます。
      文章も同じで相手にきちんと伝わるかとの思いに通じますね。

  2. 朝の散歩者 より:

    八郷地区には身近で、健康が維持できる伊坂ダム周回道路があります。いつもウォーキングしているとき、「おはようございます」と声を掛け合ってすれ違う、
    多くの見知らぬ仲間がいます。この景色はささやかな神様からのプレゼントではないでしょうか。

    • ちょっと寄り道ブログ担当者 より:

      朝の散歩者様
      コメント有難うございます。
      早朝から伊坂ダムの散歩を日課にされているのですね。
      散歩の途中で、多くの見知らぬ人たちと挨拶を交わすことは素晴らしい事と思います。
      ブログのコメントもお互いのやり取りの中に、心が通うものを感じると嬉しいものです。
      掲載させて頂いた伊坂ダムの景色を、神様からのプレゼントと受け止めて戴いたことは、ブログでご紹介した甲斐がありました。

  3. MT より:

    八郷地区にお住まいの皆さんは「伊坂ダム」を共有されて幸せですね。
    今後ともこの素晴らしい財産の変化の様子を広めて下さい。

    • 伊坂ダムを愛する住民 より:

      MTさま
      伊坂ダムの財産の価値は沢山あります。
      ① 健康のためのウォーキングコース
      ② 季節折々の自然の風景
      ③ 心痛むときの癒しの場
      ④ 世代を超えたスポーツの場
      ⑤ 子どもや大人が自転車で楽しめる家族団らんの場
      ⑥ 運動後の憩いのダムの喫茶店
      ⑦ 雄大で怪しげなダム湖
      挙げればきりがありません。多くの人に知ってもらってください。

  4. 伊坂ダムが好きな住民 より:

    伊坂ダムを愛する住民様
    伊坂ダムの財産価値を改めて知ることができ、贅沢な環境の中にいる幸せを感じています。
    散歩がますます楽しくなりそうです。

  5. k.H  81 より:

    最近はコスモスがきれいです、匂いの良い花は何でしょうか漂ってくる。
    最近は味気ない新築の家、昔は植えるのは初めて夾竹桃が公害に強いといって植えて居たがピンクの花で、脂が良く出てくる。徳川家康は街道には松を植えた。常緑樹で人を守った。千本松原も三川公園付近にあります。桜は植えてない。落葉だし、コスモスに似てる。神社には銀杏が良く使われる。又は楠も神社には使われる。梅は庭木です。サボテンは手入れが不要です。
    狭い庭の雑草を年取ってとるの面倒で、石灰を捲いたら柴は良く枯れた・どうすれば良いか。昔は緑化が歓迎された。今は車庫が必要で緑化どころではない。今は空き地空き家の固定資産税が5倍になり建て替えブームだが緑化はゼロのように思う。、

  6. 八郷見守り隊 より:

    伊坂ダムを愛する利用者の皆様へ
    伊坂ダムが昭和41年に完成して53年ころからサイクルパークができ57年にはテニス場の完成等「市と企業庁が「市民の憩いの場所」として締結され多くの方が自然の恵みの景観が人気となり其々の趣向で利用され年間50万人とも言われるほどの賑わいをしています、50年頃は早朝は競輪の選手の練習場とされていましたが、早朝に歩きに来る人が多くなりやめられました、このダムは四日市の工業用水という水源池の役割です、この四日市地区の工業の発展に大きな貢献をしています。しかしこのダムの一番の貢献者は地元の住民の方々です、周囲3,6kmの遊歩道は上り下りという変化があり体力の維持管理に
    医療費の軽減に大きな効果となっているのです。
    この景観を保つために色々な団体やクラブの方がボランテア活動されています、知られていないのは桜が多くありますが間隔を置いて植えられています、自然の恵みを受けて紅葉・梅・季節になると美観的に
    楽しめます。特に紫陽花クラブの方々による紫陽花ロードは人気の高い名所です。この伊坂ダムについてはブログやホームページで紹介されていますので見てください。早朝にラジオ体操が休むことなく20数年間世話役の金森さんがボランテアしています。
    聴くところでは夜間に歩く人も多くなり街灯の増設を要望してくれた功績者でもあります。
    三岐鉄道の暁学園駅前から歩道に青い線で桑名西高校のダム入り口まで歩行者通路として案内線が引かれてます。
    こうした環境保全として多くの方が関わっている事を紹介させていただきました。、

  7. k.H.81 より:

    夕方、山城マックスバリューに夕食を買いに行くとき、車に犬を乗せて、西朝明中付近の堤防道路などを通る。西日がさし、一瞬光の中に入り、。何もかも周りが見えなくなる。急ぎ、サンバイザーを降ろし背の高さを超える雑草の間を歩行者をよけて、徐行する。降りて空を見上げると旅客機が3機、間隔を空けて、久しぶりに日没の御在所岳上空を九州か大阪へ向かうべく飛んで行く。スマホではササクれた2本の指先で広げて望遠写真hは撮りにくい。小生スマホアレルギー。シラサギはいるが、ピンクのコスモスは地上で闇に消えている。

  8. k・H 81 より:

    先日、鷹をみました。暁駅から小角橋を渡ったところ、パラダイスロード中古車店の主が鳩が飛び込んでくるので排除するためだそうです。アメリカ産、格好よく、写真撮影した。 小生の柴犬が夏に堤防小ダムで知らぬ間に逃げて、4日川原を探したがいなかった、足跡は砂に残り紐の跡もあり、藪にひっかかっているかと、ロープで降りて4日捜したが見つからず、初めに北警へ連絡していた。6日目に保健所から拙宅にTELがあり「パラダイス店にいる」とのこと、パラダイス店長が餌など置いてくれていた。(最近、迷い犬は警察取り扱い)。保健所には通報されていたが、私への連絡を忘れていたようだ。犬は餌を食わず、痩せていた。お礼は要らぬと店長は言ったが孫さんにと少額渡した。それで仲良くなり、タカをを見せてくれた。地形を覚えさせないといけないとのこと。戦後田舎に疎開したころ、農家が鉄砲でたかのようなのを撃ち落し、畑でバタバタしているのを小生が捕まえようとしたら、反対に腕をつかまれて、すごい力で、放してもらえず、怖かったことがある。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 あなたのお名前はコメント投稿者名としてホームページに表示されますが省略すれば匿名となります。 あなたのメールアドレスはホームページ上には表示されませんのでご安心ください。 (ご記入いただくことにより、ブログ投稿者からの直接の応答も可能となりますが、省略していただいても結構です) また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)

ちょっと寄り道の関連記事