いいね!いいね! (19)
Loading...

ブログコメント投稿のマナーについて

新しい八郷地区ふれあいコミュニティもすっかり定着してきました。それに伴って記事数が増えると同時に、多くのコメントも投稿されるようになってきました。コメントの中にはその掲載可否の判断を当広報部に委ねられるケースも少なくありません。

そこでコメントを投稿される場合のマナーをご紹介します。これはNET上に公開されている「気になる雑学 キニガク」からの抜粋です。大変分かりやすくマナーが紹介されていますので、コメントされる方は是非お読み頂きたいと思います。太字部分は抜粋部分、赤字部分は「八郷ふれあいコミュニティ」用に一部加筆しております。

下記マナーを守って「八郷ふれあいコミュニティ」がより多くの方々に見ていただける、素晴らしいサイトとなるようなコメントをどんどん投稿ください。

※以下の記事の「ブログの管理人」は、「ブログの投稿者」と読み替えてください。

ブログの基本的なマナー

ブログの基本的なルールというのは、他人に迷惑をかけないということです。つまり、ブログの管理人は他の人が読んで不愉快になるような記事を書かない、ブログ訪問者は他の人が読んで不愉快になるようなコメントを書かない。人を不愉快にさせない。ブログの基本的なマナーは、これに尽きるでしょう。
個人ブログの場合はまさにこの通りなのですが「八郷ふれあいコミュニティ」の場合は、様々なご意見を頂戴する場であるべきと考えます。匿名性の高いネットの世界でしか発言できない方もいるかもしれません。(「保育園落ちた日本死ね」※㊟のように)声なき声を拾うのもこのページの重要な役割であると考えます。投稿者にとっては耳の痛い話もあるでしょうし、賛成派・反対派共に不愉快にならないコメントというのは相当難しいと思います。
※㊟不快な表現ですが、皆様により理解いただけると考えそのまま使わせていただきました。

コメントの基本的なマナー

ブログにコメントするということは、一般社会でいえば挨拶をするようなものです。つまり、コメントはブログの管理人およびブログの訪問者に対する挨拶だといえるでしょう。そう考えると、基本的なマナーは明らかでしょう。

マナー違反のコメント

やたらなれなれしい口調でコメントする人がいます。当人は親しみを込めているつもりなのかもしれませんが、傍からみていれば言葉づかいを知らない非常識な人と見られることにもなるでしょう。
記事とは無関係なコメントを残す人もいます。多くの場合は宣伝や募集なのです。
返信を強要する人もときどきいます。コメントを残したにも関らず管理人からなんのアクションもないことに逆ギレして、返信を強要するのです。これもマナー違反です。コメントに対して返信するかしないかは管理人の判断に委ねられています。それを、外部の人間がとやかくいう筋合いではないのです。
個人的な、募集・勧誘は「八郷ふれあいコミュニティ」のコメント削除基準に抵触しますので、十分ご注意ください。もちろん八郷地区連合自治会が承認している団体や公的団体等の場合はこの限りではありません。

ブログのコメントに書いてはいけないこと

マナー違反を通り越しているようなコメントもあります。場合によっては犯罪行為に該当するので注意しましょう。
公序良俗に反することや個人情報保護について叫ばれています。個人情報をブログに書くというのはプライバシーの侵害です。ときによっては犯罪行為に該当することにもなるでしょう。
意外と知られていないのが、IDとパスワード。第三者がそのIDとパスワードを使ってログインすることを助長する犯罪行為に該当することにもなってしまいます。
インターネットは匿名の世界なので何を書いても大丈夫だ、などと甘い考えを持ってはいけません。ブログにコメントを残せば、インターネット上の住所にあたる「IPアドレス」が残ります。それをたどればある程度、個人が特定できます。テレビのニュースなどで掲示板に殺人予告を書き込んだ学生が逮捕されたことが報じられています。
とはいえ、「八郷ふれあいコミュニティ」の場合は一般の方々への募集記事も多々あり、問い合わせ・申込先の記載が必要となります。このような場合は電話番号などの記載をできるだけ避け、いざとなったら捨てられるフリーのメールアドレスなどを利用することを推奨します。「八郷ふれあいコミュニティ」をご覧の方は何らかの形でメールを送信する術を持っているはずですから。

ブログにコメントする際の心がけ

ブログにコメントする動機として、記事の内容に賛同してコメントするよりも、記事の内容や考え方に異を唱える目的でコメントする方が多いかもしれません。そういう感情が高ぶった状態でコメントするとトラブルにも発展しかねません。まずは、一呼吸おきましょう。そして、冷静になってコメントしましょう。
全てはこれにつきますよね。記事を書くときも、コメントを残すときも「八郷ふれあいコミュニティ」しいては八郷地区全体をより良くしたいという思いを込めて書き込むことが必須と考えます。

まとめ

これまで、ブログとコメントについての基本的なマナーを見てきました。ネット上のことだからと難しく考える必要はありません。日常生活の延長だと思えば良いのです。たとえば、横断歩道を渡るとき、車が止まってくれれば多くの人はお辞儀をして挨拶をするでしょう。それと同じことをブログでもやれば良いのです。

それを守れないと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。また、ときには事件に発展することもあるでしょう。匿名の世界だと思われがちなインターネットの世界でも、簡単に個人が特定されることがあります。そうなれば、「たかがブログ」といっていられなくなります。十分に注意しましょう。

 

なお記事内容を詳しく知りたい方は次のページにアクセスしてください。

ブログへコメントする際はマナーを守って楽しい会話を

八郷地区連合自治会 広報部

コメント一覧
  1. 八郷の住民 より:

    大変参考になりました。
    ブログは全世界の人々が見ています。
    投稿したコメントにより八郷地区の評価を下げるような事があってはなりませんね。
    今後は記事にある挨拶という例えを念頭に置いた投稿を心掛けたいものです。

  2. 八郷地区連合自治会 広報部 より:

    八郷の住民様
    早速記事をお読み戴き有難うございます。
    明るい挨拶のある町には魅力を感じます。
    八郷ふれあいコミュ二ティを通じて、八郷地区の魅力あるまちづくりが進むようご協力をお願いします。

  3. 八郷西自治会員 より:

    大変参考になりました

  4. 八郷地区連合自治会 広報部  より:

    八郷西自治会員様
    早速お読み頂き有難うございます。
    コメントのマナーは出来るだけ多くの皆さんと共有して、品位あるブログにしていきたいと思っております。
    今後ともご協力をお願い致します。

  5. 八郷西自治会員 より:

    匿名での投稿の、理由や配慮、事情があると思います。

    実名での投稿も、気になる点もあります。心して投稿しなければならないと思います

  6. 八郷地区連合自治会 広報部 より:

    八郷西自治会員様
    コメント有難うございます。
    匿名やハンドルネームでの投稿は構いませんが、記事にあるように節度が必要と思います。
    それを記事では分かりやすく挨拶に例えています。
    あまり神経質にならず、記事投稿者の元気が出るような明るく建設的なコメント投稿を戴きたいと思います。

  7. あかつき台北村 より:

    コメントの「キニガク」について詳しく説明されて大変ご苦労様です。この注意書きを読んで思う事があり感じた事ですが、私もこの項目について該当してるのかもという気持ちがあります、私の原点としては「microsftサービス規約」を読んでいます、またフイードバックを利用して意見を求めたりします。とても長い文章で専門的に書かれていますので読んでみてください。先にも申し上げたことがありますがこの八郷のホームページについてどのような運営をされていますか、このコメントに対して「広報部」という方の名称で御礼の言葉が書かれていますがこうした返事を書かれているのは広報部が協議されて書くのか広報部という個人が書かれるのか、また技術部と言われる方は専門家でしょうか、それであれば色々な問題に対応していただければ助かるのではないかと思います。この前の幸福とは何でしょうという記事についても削除した事で大変反響がありましたが、連合自治会に説明をされていますか「信教の自由」といわれる現代の宗教感だと言う事で表に出すのはだめだとおもわれたとしたら戦後50年の前の憲法に戻ってしまうのではと思います。神社仏閣を否定することは各自治会の清掃活動、伊坂ダムの神社の拝礼など多くの活動をされていることはどう考えるのかとなります。宗教の論争は難しいから回答出来ないかもしれませんが、このまえの幸福度と言う記事が削除されたが日本という先進国であるといいますが国連の発表で155国のうちで、1位はノルウエー2位はデンマーク  3位はアイスランド日本は51位 アメリカは14位ですが幸福論と言う事は宗教を無くしては語れないのではと思います。

  8. あかつき台住民 より:

    削除規程から見ると個人あてにおほめやお礼のやり取りが多くみられますがこうした個人の考えということになりませんか、こうした返事やお礼はメールでする方のが適当ではないかと言う事が言えます。
    第三者から見るとなれ合いという風に感ぜられます。投稿者に対する回答が出ませんのが気になります。
    本来コメントの意味は自分の思いを出しているものであり反論やお礼の返事は一般の読者から出ることを期待したいです。

  9. 八郷自治会員ⅠK より:

    コメントマナーの記事について

    掲載可否判断を広報部に委ねられるケースが少なくないので、コメントを投稿される場合のマナーを紹介しますと、ブログコメントのマナーに付いて、コメントの基本的マナー、マナー違反のコメント、ブログにコメントする際の心がけ、の記事が掲載されています。
    記事作成者が言っておられます様に、個人的なブログと八郷ふれあいコミュニティは、似ているようで、目的、用途、内容は大きく違っているのではと私は思います。
    記事は{キニガク}からの抜粋で、管理者と投稿者の読み変えを求められていますが、無理が有るように見受けます、HPに対応する様に書き換えが必要ではないでしょか、お節介で恐縮ですが、ご確認ください。間違っていましたらお許しください。

    コメントマナートコメントの内容に付いて

    コメントのマナーを強調し過ぎますと、礼儀正しい挨拶をし、お互いを褒め、当たり障りのない無意味なコメントが多くならないでしょうか? 「よいしょ的」な傾向にならないか 気になります。
    HPに掲載記事の意向に沿った、気分を損なわない記事やコメントだけが建設的な意見では有りません。
    八郷HPの記事と意見、考えが違った、辛口のコメントでも、「八郷ふれあいコミュニティ」のHPを、又、より良い八郷の町の今後を、願ったものであったら建設的な意見だと思います。

    先日、「八郷ふれあいコミュニティ」で、一自治会員投稿者のコメントの書き込みが出来ない問題が起きました。
    八郷HP管理関係者に、原因の探求と調査確認をお願い致しました。
    理解、納得が出来る説明は有りませんでした。

    何回も何回もコメントの書き込みを繰り返し試み、努力しましたが出来ませんでした。感想や意見をホームページに載せる事が叶わず、気分が優れない憂鬱な数日を過ごしました。表現、言論の自由が失われた気持ちでした。

    コメントマナー以前の基本的な大切な問題です。今後この様な問題が起きない様に、「八郷ふれあいコミュニティ」の運営管理をお願い致します

  10. 八郷ふれコミ一利用者 より:

    「基本的な大切な問題」

    IK様 はじめまして、「八郷ふれあいコミュニティ」の一利用者です。
    7月1日 10:10 AM付「ブログコメント投稿のマナーについて 」に対するご意見を拝読しました。コメント文後半には、記事から独立した「コメントマナー以前の基本的な大切な問題」を管理運営者宛に提起されています。それは、元記事から離れるテーマですが、以下の拙コメントを付すことをご理解の程よろしくお願いします。

    A:「何回も何回もコメントの書き込みを繰り返し試み、努力しましたが出来ませんでした。」(IK様のコメント文の引用)

    書き込みされる度に、コメント入力フォームには次の3項目に入力されたことと思います。
    1.投稿者の名前(匿名、空欄可)
    2.投稿者メールアドレス(空欄可)
    3.コメント本文(必須、ただし以下の警告に従うこと)

    【コメントを送信】というボタンの下に利用者に次のようなスパム対策の警告が表示されています:
    3.1 本文に日本語を含むこと
    3.2 URLが含まれる記事は直ちに反映されません。

    3.2から「八郷ふれあいコミュニティ」が運用しているWordPressというブログを作成するソフトウェアは、コメント本文中のURLについて管理者がその信頼性を判断するため、受信後自動的に「直ちに反映しない」で承認を得るまで一時保留することになっています。

    問題発生以前にIK様のコメントが「直ちに反映」されていたのは
    1.名前が入力されていた。あるいは空欄であった。
    2.メールアドレスが空欄だった。あるいはWordPress付属スパム対策アプリのスパム分類に指定されていないメルアドが入力されていた。
    3.本文が日本語を含みURLを含んでいなかった場合と思われます。

    しかし、7月1日 10:10 AM付コメントによると、日時入力内容不明の複数回の投稿文が保留されて「直ちに反映されなかった」とのことです。

    WordPressなどの誰でも書き込み可能なソフトウェアは、単純な文字の繰り返しなどを含む迷惑なスパムコメントの標的になりやすく、スパム対策用アプリが利用されています。その際メールアドレスに、いわゆる「捨てるアカウント」としてgmailがしばしば使われているそうです。

    IK様がgmailアドレスを使用されていない場合であっても、問題となったコメント文が反映されないことを検証するため、いつも送信に使われるものでなく、他のコンピュータを使われた場合、メールアドレスにその機器が自動入力のため保存するgmailが、IK様の意図にかかわらず送信されている可能性があります。例えば、xyz@gmail.comがスパム対策アプリに登録されていると、WordPressは自動的にコメントを保留し「直ちに反映しない」ことがあります。そのソフトは分類しただけで直ちに削除は意味していません。

    B:「(コンピュータを複数台使い)何回も何回もコメントの書き込みを繰り返し」ている間に、スパム対策アプリが収集している迷惑コメントを発信している、たとえばxyz@gmail.comのようなアドレスが紛れ込んだため、(そのコンピュータに限り)「努力しましたが出来ませんでした。」
    ということは十分考えられると思います。

    IK様のご意見によると、「八郷ふれあいコミュニティ」で投稿コメントが「直ちに反映されない」ことは、現代の社会の基本的な理念である表現の自由の問題であるとのことです。
    しかしまた、スパム(迷惑)コメントからブログでの表現の自由を守るためにスパム対策ソフトを運用しなければ、その自由が守れないのも今のネット社会の現実と思います。

    7月1日10:10AMの投稿条件や環境は不明ですが、そのコメントは直ちに反映されていることから、当面は同一条件下で「八郷ふれあいコミュニティ」に建設的な、住民同士が「仲良くなる」という意味の「なれあう」、「よいしょして伸ばしあう」コメントを引き続きご投稿いただき、地域発展に資するコメントをお願いします。

    (元記事から離れたテーマである上に、コンピュータとインターネットという複雑なことがらのためコメントが長文になりました点は、運営ご担当の皆様、当ブログご利用の皆様ご理解ください。
    ブログの警告文に沿って本文を書いたものです。思想信条表現の自由を擁護する立場で警告文の持つ意味を考えたものです。
    すでにIK様の投稿が反映されていることから、拙コメントへの質問とその回答を強要するような内容は、勝手ながらご勘弁願います。「よいしょ」していただければ「木に登る」タイプです。)

  11. 八郷自治会員I K より:

    コメントの削除何時回復しますか  

    • 八郷地区連合自治会広報部 より:

      お問い合わせのコメントは、八郷地区連合自治会広報部にて、コメント削除基準に抵触すると判断いたしました。削除したコメントですので回復することはございません。また、広報部にて決定した、個々の事案に関して『削除理由を公表する義務が無い』ことを合わせてお伝え致します。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 あなたのお名前はコメント投稿者名としてホームページに表示されますが省略すれば匿名となります。 あなたのメールアドレスはホームページ上には表示されませんのでご安心ください。 (ご記入いただくことにより、ブログ投稿者からの直接の応答も可能となりますが、省略していただいても結構です) また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)