いいね!いいね! (5)
Loading...

地域住民の方々は地域をよくするために日々努力されている八郷まちづくり構想実行委員会の存在をご存知でしょうか。

次の記事をご覧になって戴き、建設的なご意見をお寄せ頂きたくお願い致します。


四日市市では各地域においてまちづくり構想の策定委員会が設置され、地域の状況に応じてまちづくり構想が策定されています。この記事は四日市市のホームページより抜粋したものです。

まちづくり構想とは

地域・地区別構想 
住民自らが未来に向けて取り組むまちづくり
「全体構想」では、市全体の土地利用や整備方針が示されていますが、その中でそれぞれの地域・地区で暮らしやすいまちをつくっていくためには、住民のみなさん自らが取り組むまちづくりが大切です。
「地域・地区別構想」には、市の行う計画に加え、住民のみなさんの取り組みを位置付けることにより、将来に向けたまちづくりの方向を詳しく示していきたいと考えています。

構想の策定 
住民のみなさん自らが取り組めることを構想へ

住民のみなさんには、地域・地区の中で、将来に向けて暮らしやすいまちをつくっていくために、自ら取り組んでいくことができるものを考えていただきます。例えば、「地域の狭い道路を広げて安全で住みやすいまちに変えていきたい」場合や「家を建て替えるときに色彩を統一し、街並みをそろえていきたい」場合などに、地域の住民や地権者のみなさんの合意があれば、「地域・地区別構想」に位置付けていくことができます。 市では、その際の条件や使っていただける制度・支援措置を紹介するなど、地域の合意形成をバックアップしていきます。

地域・地区別構想の役割 
さまざまな「まちへの想い」の実現を
地域・地区別構想は地域や地区などの単位でより詳細な内容を含むものです。この構想により、地域での暮らし方などによって生まれるさまざまな「まち」への想いを実現していくことを目指します。

市民参加の大切さ 
自分たちの想いは自らの参加で

市民のみなさんが自ら想い描くまちの実現のためには、みなさんと市が一緒に考え、決め、行動することが必要です。まちはそこに暮らす市民の活動があってはじめて成り立ちます。自分たちの活動しやすいまちは、まちの主役である市民自らが参加してつくることで実現できます。

以上

参考資料

八郷地区都市計画マスタープラン

 

 

 

 

 

 

コメント一覧
  1. ながもち より:

    こういう市政に一般市民が言える場所というのは貴重です。
    是非、多くの意見が集まると良いと思います。
    こういう場を与えてくださった事に感謝をしたいです。

    その際、実行委員会や連合自治会の方々には耳が痛い意見があると思いますが
    残らず掲載され、検討していただけるようお願いします。
    ということで、まずは苦言を書かせていただきます。

    八風街道の道幅拡幅をお願いします。
    滋賀県東近江市と富田一色との間を車で走った経験がありますが
    滋賀県側は幅が広く大変キレイに整備された道路です。
    三重県側、特に四日市に入ると道幅が狭く道路際まで家が迫っていて
    できることなら通りたくない道路となります。

    歴史が古いのは良いけど使いにくい道路では観光としても弱点、欠点となってしまいます。

    普段でも通りにくい圧迫感さえ感じる道路なので
    地震等の災害時にはこの八風街道は使えない道路となるでしょう。

    もちろん、すぐに拡幅することはできません。
    道路際の住民や地区の住民の皆さんの同意が必要です。
    今後、建て直すなら30年~50年という長期に渡る事案となりますが
    是非、皆さんで考えて改善して頂きたいと思います。

  2. 福田 治樹 より:

    数年前からこの「まちづくり構想」策定に関わった一人として貴重なご意見を頂きまして感謝いたします。
    私見ではありますが、この活動・団体は行政への圧力組織ではなく自分たちで地域を(八郷を)良くしてゆこうというものだと思って居ります、もちろん行政への要望活動はその一環としてして行ってゆきます。
    ご指摘の通り、八郷地区内の八風街道はとても現代の交通・流通に耐えられるものではありませんが、日常の生活環境としてそこに暮らして見える方のことを考えれば一朝一夕に解決できるものではありません、50年のスパンをかけて考えても難しいでしょう。その中で、出来ることを考えて地域の人々で改善改良できる事をを模索してゆく必要はあるでしょう。それが「まちづくり構想」だと思います。
     地域内に高速道路網が整備され、団地造成がなされて自然環境が大きく変貌している現在こそ、緑豊かな環境と歴史とを守りつつそこに暮らす住民が暮らしやすい住み良い故郷、八郷つくりに若者も老人も一緒になって考え行動していきましょう。

  3. 八郷地区まちづくり構想実行委員会       久保田領一郎 より:

    ながもち 様・福田 治樹 様

    ながもち様、貴重なコメント有難うございます。
    福田 様、補足コメントに感謝申し上げます。
    ながもち 様のおっしゃるように八風街道は、特に八郷地区内の道幅が狭いですね。
    車ですれ違う時には細心の注意が求められます。
    一方で味わいのある街道であることも事実です。
    生活の利便性と、歴史遺産保存の両立は難しいものがありますが、皆さんの叡智をもって解決をすることは可能と思います。
    ご指摘の案件について時間は掛かるでしょうが、住民の課題共有が図られればいつかは解決されるものと信じています。
    八郷地区連合自治会はじめ各種団体において課題の共有が進むよう働きかけて参ります。

  4. ながもち より:

    久保田領一郎様

    ありがとうございます。
    大変困難な事案ではありますが ご検討をお願いします。

  5. 久保田領一郎 より:

    ながもち 様
    難しい課題ではありますが、「八郷はひとつ !」を合言葉に出来る事からやっていきましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)