いいね!いいね! (4)
Loading...

H21年6月「伊坂ダム登り口溜め池横」にて

今回で最終回です

H19年まで挿し木をしましたと書きましたが、いやいや!H24年までしていました。

H24年には7月に200本挿し木をしたのですが、発砲スチロールの入れ物の底等が割れていたり、穴を開けすぎたりで半分は枯れてしまいました。

本当にこの年で挿し木は終わりました。

(H24年)半分ダメになった挿し木

 

H24年のアジサイ

アジサイプロムナード

ウォーキングする皆さんの「歩」できれいな散歩道になって来ています。

伊坂ダム登り口溜め池横

テニスコート横フェンス沿い

また、今までダム湖の周りがガードレールでしたが、この年にフェンスに換えられていました。(H25年)新しくなったフェンス

(H24年)以前のガードレール

H27年

この年には、伊坂ダム登り口溜め池横のアジサイは、近年出没している「いのしし」にやられました。どうも土の中にいる「みみず」を捕っていたようです。幸いにしてアジサイ自体には大した損傷はありませんでした。
(H27年9月19日)伊坂ダム登り口溜め池横

H29年の今年も伊坂ダム登り口溜め池横では「いのしし」の被害が少しありました。

H28年には桑名市のタウン誌「ミユ」に伊坂ダムのアジサイとして写真入りで取り上げてもらいました。(今年H29年は「親子で作ろうこいのぼり」が取り上げられました)

 

H11年から今日まで何とか育ててきました。最初は、挿し木、移植、定植、剪定や草刈りと大変でしたが、その時はやさと紫陽花クラブのメンバーは若かった。最近は、花後の剪定や草刈りが中心になってきました。それぞれの都合や、お天気の都合等でなかなか作業ができない事があります。体力的な事も・・・・でもボチボチと楽しみながら続けていきたいと思っています。

さて、ここでお願いがあります。

アジサイの花の色は、「植える場所や時期によって変わる」と以前新聞で読んだ事があります。肥料の関係だとか人にも聞いた事があります。でも、なかなか思った色に変化してくれません。

そして、花が小さくなって来ている様にも感じます。

皆さんの中でアジサイの色はこうすればこんな色になるよ!とか、こうすれば大きな花が咲くよ!とかご存知の方は是非コメント下さい。お願いします。

 

最後までご覧いただき有り難うございました。

最後に、去年のアジサイの様子ををご覧ください。

伊坂ダム登り口溜め池横 (H28年6月15日)

テニスコート横フェンス沿い(H28年6月15日)

アジサイプロムナード(H28年6月15日)

もうそろそろ今年のアジサイも色づいて来る頃でしょう。皆さんも是非足を運んでみて下さい。(ひと雨降ってくれるといいのですが・・・・)

これで 終わり!

 

コメント一覧
  1. まる より:

    紫陽花を上手に育てることができませんので、花の色は・・・ってコメントじゃなくてごめんなさいm(__)m
    「伊坂ダムのアジサイ」シリーズ、楽しませていただきました。
    ありがとうございました。
    紫陽花クラブさんのご苦労&楽しさが垣間見えて楽しかったです。

    昨年の溜池横のアジサイの様子・・・・
    お見舞いに生花を持って行けないので、写真を撮り拡大して病室に貼っていたことを思い出します。
    紫陽花がとても好きな方でしたから。
    昨年の今頃でした。
    何だか梅雨の様に湿っぽい話ですみません。
    今更ですが、お礼が言いたくなりまして。
    ありがとうございました。

    色々な種類(色・形)がある紫陽花、今後もたくさんの人たちの心♡を癒し、眼👀を楽しませてくださることでしょう。
    紫陽花クラブさんの優しいお気持ちも栄養分として育った紫陽花。

    このシリーズも「これで終わり!」じゃぁなくて、番外編などお待ちしています。

    • やさと紫陽花クラブkei より:

      まる様
      お見舞いにアジサイの写真を・・・こんな利用の方法もあるんですね。心のこもった良い写真が撮れた事でしょうね。
      今は雨も降ってくれません。皆さんを楽しませるのは後少ししてからかな~って感じです。
      コメント有り難うございました。

  2. Hiro-K より:

    とかくボランティア的な活動は、結果しか、なかなか見えてこない(見てくれない)ですが、このたびご紹介頂いた「やさと紫陽花クラブ」の振り返り(活動履歴)は、長年の手間と時間を費やしてきた様子の一部なんでしょうけど、このことを知っていると自生している花とはまた違った美しさも感じていいものです。それから、こういう関係のことを、これからやってみたいという人達にも、多いに参考というか道標になると思います。
     将来、やさと紫陽花ダムなどと呼ばれるほどに発展していくといいですね。

    おまけの小話) 来年の「親子で作ろうこいのぼり」の最終日に、自分のこいのぼりを持ち帰ろうとしたら、竿に「この子を育てて下さい。お願いします。そして1年後、アジサイプロムナードの〇〇区画に植えて頂けるとうれしいな💛」という手紙とともに紫陽花の苗が、括り付けあった ・・・ なんて うまくいきませんよね~(^^;)

    P.S)あじさい02での、伊坂ダムの水系のお話、ありがとうございました。私、山育ちなのでダムは川をせき止めるものという先入観があって、言われなければ、このことに気づくまでだいぶ時間がかかったと思います。「北伊勢工業用水」でネット検索すると詳しく載っていました。ずいぶん壮大な事業で、大きくなったら、こんな仕事をやってみるのもいいなあと思いました(もう遅いけど・・・ あまりにも)。

  3. やさと紫陽花クラブkei より:

    Hiro-K 様
    コメント有り難うございます。少ない人数でもやれるボランティアもあるんだと言う事も参考になればとは思いますが、道標なんておこがましいですが、続いて出て来て欲しいものですね。
    おまけの話:風船に手紙と花の種ではありませんがおっしゃる事も出来ると楽しいでしょうね(*^_^*)
    Hiro-K 様の伊坂ダムの水系コメントからこの事で家族でも話題になりました。昔、配水管の工事の時に途中まで見に行った事があると言っていました。ダムだけでなく住んでいながら知って知らない事が多いですね。
    いろいろ勉強させていただきました。有り難うございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 あなたのお名前はコメント投稿者名としてホームページに表示されますが省略すれば匿名となります。 あなたのメールアドレスはホームページ上には表示されませんのでご安心ください。 (ご記入いただくことにより、ブログ投稿者からの直接の応答も可能となりますが、省略していただいても結構です) また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)