いいね!いいね! (9)
Loading...

平成30年5月21日は二十四節気の一つの小満。

立夏ののち15日、万物がしだいに長じて満つる意と言われています。

深まっていく木々の緑に目を奪われがちですが、足元には小さな花々が目を楽しませてくれています。

いつも投稿戴くOさんが夏の季語である紫蘭(シラン)を詠んだ句と共に、小さな花々の画像を届けて戴きました。

普段なにげなく目にしている花々ですが、名前が思い浮かばない花たちでもあります。

散歩のついでに足元に目を移して探して見ては如何でしょうか。

可愛らしい花々が微笑みかけてくれることでしょう。

今回紹介されている句は高浜虚子の、文節のおわりと句の切れ目が一致していない、句またがりになっています。

Oさん有難うございました。


紫蘭咲き満つ 毎年の 今日のこと
 
高浜虚子


ニガナ


上、伊坂ダムテニスコート入り口付近、下、町内の野原にて

ムラサキカタバミ

ニワゼキショウ


市道脇野原一面に咲くシランと丘の麓に移植3年目の白花シランは516日、

ニガナは51日伊坂ダム、15日町内で撮影。他は、51319日野原にて。

表題句は、『575筆まか勢>fudemaka57.exblog.jp/22800708/)より。