いいね!いいね! (7)
読み込み中...

大型連休中に時代が変わり令和になって二日目、伊坂ダムに青空が戻ってきました。

5月2日の伊坂ダム堰堤に泳ぐこいのぼりの様子を、おなじみのOさんが愛用のカメラで撮影されその写真が句と共に届きました。

 大勢の家族連れで賑わう伊坂ダムにたくさんのこいのぼりが整然と泳いでいる姿は壮観ですね。

すっかりゴールデンウイークの風物詩になりました。

Oさん有難うございました。

そしてやさと紫陽花クラブの皆さま有難うございました。


大空を翔けよこの子の鯉のぼり  稲田 和子


ようこそ、伊坂ダムへ


赤い実を付けたイロハモミジと光る紫陽花(上)、タンポポ(下)

(ダム下の溜池堰堤にて)

高い空を速く飛ぶ(翔ける)こいのぼり

人出の途切れた堤頂


若葉

サイクリングの子ども(上)、パパとタッチ(下)


湖畔の新緑

-------------------------------------------------------------------------------------

伊坂ダム堤上、堤下、溜池にて5月2日11時半頃撮影。

表題句は、『俳誌のsalon』: 鯉のぼり(http://www.haisi.com/koinobori.htm)より

コメント一覧
  1. やさと紫陽花クラブ管理者kei より:

    O 様
    伊坂ダムのこいのぼりが元気に泳いでいる様子を撮って下さりありがとうございます。昨日5月2日は、ほんとに良い天気でしたね。
    私もその日の午後に写真を撮りに行きました。素晴らしい青空に風、こいのぼりが 元気よく泳いでいました。
    沢山のこいのぼりを投稿していただきありがとうございました。また、これからは紫陽花の季節になってきます。素敵な紫陽花の投稿も楽しみにしています。

    • 一丁目東O より:

      やさと紫陽花クラブ管理者kei様、クラブの皆様、ボランティアの皆様

      「親子で作ろうこいのぼり」を今年も開催していただきありがとうございます。Oです。

      >5月2日は、ほんとに良い天気
      丸2日の雨天はじっと我慢して電池をたっぷり充電。一昨日は好天に恵まれてカメラを携え駆けつけました。堤下では先客のCTYカメラマンさんと挨拶を交わし数ショット撮影しました。駐車場はどこも満車状態の大変な人出でした。雨をもたらした低気圧の影響があったのか、強い風でどのこいのぼりもほとんど真横になり吹き流し状態でした。願ってもない色鮮やかな被写体でした。ただただ夢中でシャッタを押し続けました。
      新緑の瑞々しさ、モミジの葉の繊細さにも、そして堰堤にしゃがみ込み見上げると文字通り大空を翔(か)けるこいのぼりの勢いにも、カメラは応えてくれたのか自信はありません。愚作を取り急ぎまとめ翌朝アップロードしてもらいました。
      掲句は、読み上げてみると中七から「こ」を繰り返して楽しいリズムが生まれます。鯉のぼりを創ったひとりひとりの「この子」に話しかけているようです。俳人稲田さんは、昔話を聞き取りたくさん絵本にされた作家でもあるそうです。
      残すところ2日半です。青空の下、一人でも多くの大人とこどもさんたちに幟の勢いを見ていただけたらいいですね。ご多忙にもかかわらず、コメント賜わり深謝します。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 あなたのお名前はコメント投稿者名としてホームページに表示されますが省略すれば匿名となります。 あなたのメールアドレスはホームページ上には表示されませんのでご安心ください。 (ご記入いただくことにより、ブログ投稿者からの直接の応答も可能となりますが、省略していただいても結構です) また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)

ちょっと寄り道の関連記事