ちょっと寄り道・・・(伊坂ダムのアジサイ)

いいね!いいね! (9)
Loading...
by ·


3件のフィードバック

  1. やさと紫陽花クラブ kei より:

    わいわいサロン会 O様
    いつも俳句にのせて、素敵な、また、可愛いお花の写真・・・ちょっと寄り道させて頂いています。今夜、ブログと奮闘している間に先に伊坂ダムのアジサイの様子をアップして頂きまして有り難うございます。
    いつも違ったアングルからの写真には新鮮なものを感じます。
    これからも楽しみに、また、勉強させて頂きますのでよろしくお願いします。

  2. わいわいサロン会 O より:

    やさと紫陽花クラブの皆様 

    アジサイのお世話だけでなく、ブログ上に開花最新情報をご発信いただきありがとうございます。また、貴クラブkei様からは、ブログ掲載後寄り道の上、最速のコメントまでいただき感激です。なお、「渓をせばめけり」の引用句と写真は、溜め池のある小渓を活写できましたでしょうか。入梅直前のため、今後の色づき、紫陽花ならではの「七変化」が楽しみです。

    >違ったアングル
    アジサイ・プロムナードのアジサイは、小径よりも高くなった山を切り取ったいわゆる法面(のりめん)に植えられたものと思います。花を目線の高さで撮るため、傾斜面を数歩登りました。安定しない撮影姿勢に加えて歩道は、空気の通り道になっているためアジサイの装飾花は、画面上では大きく揺れていました。それよりも高いところに咲く花は、三脚を高く持ち上げてリモート・コードでシャッターを切りました。そのため写真は、少し拡大しただけでもボケるかもしれません。本来は保護すべき斜面のため、軽量の脚立などを持参するなどマナーの点で大いに反省しています。今後ともご指導の程よろしくお願いします。

    • やさと紫陽花クラブ kei より:

      わいわいサロン会 O様
      「活写」意味が良くわからず、私の得意の「Web検索」で調べてみました。ここのアジサイをこの様に感じて見て頂いているなんてやさと紫陽花クラブスタッフ一同感激です。有り難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)

あわせて読みたい