いいね!いいね! (5)
読み込み中...

6月初旬から約1か月の間、みな様の目を楽しませてくれたアジサイの花はもうボチボチ終演を迎える時がやて来たようです。
6月22日の中日新聞ホームニュースの紙面にも伊坂ダムのアジサイを取り上げていただきました。

ダムの登り口溜池横のアジサイもピンクからだんだんと紫がかってきました。

 

アジサイプロムナードのアジサイはまだまだ、きれいです。真っ白だったのはだんだんと薄紫に変わってきました。
所々で色のきれいな花は、切って行かれた人がいるのかな~と思われる節もありますが・・・・

 

また、テニスコート横フェンス沿いでは、気になってなのかどなたかが短く剪定してくださったようです。

我々の管理不足ゆえに皆さんにご迷惑をおかけしているようです。すみません!<m(__)m>ありがとうございます。

これから花が終わりそのあとに剪定をして切りそろえるつもりでいます。来年また、美しい花が咲きますように願いを込めて・・・・

約1か月間ありがとうございました。
それでは、また、来年のアジサイの季節までさようなら!!

今日の一枚

 

 

コメント一覧
  1. Hiro-K より:

    今年も楽しい刺激を頂きました。今回たまたま雨を挟んで2日連続見たのですが、ため池横で1日で明らかに色が濃くなった一群に出会えました たった一日で色がこんなにも変化するのですね!。初めて気がつきました。 以下、雨(水)関連で思いついたことを書き並べてみました。なお内容については、想像だけの裏付けなしなので適当に読み流してください。

    1.登り口ため池横
    谷間のような地形で雨後だったせいか、地面が柔らかい。特に根本、木の枝が簡単に突き刺さる。水分のせい?藁が埋まっているから?紫陽花の特性? まあなんにしろ疑問として記憶しておきました。奥の方に紫陽花をさらに増やせそうな土地がありますね!。 見とれているとため池とか水路に滑り落ちそう 小さい子は要注意かな。

    2.テニスコート横フェンス沿い
    今年は、どうしたんでしょうね。少し離れた一番端の約一株だけが、そこそこ咲いてました。病気? 品種のせい? 水分かなあ? というのは、残念な紫陽花群は盛り土が数十センチあるのに、そこそこ咲いてた約一株は盛り土が少なく、水環境的には低い分有利か? なんて考えているうちに、そもそもここは、谷間地形の「登り口ため池横」とは正反対の低地に囲まれた丘のような地形で水環境的には不利なんでしょうね。 でも見てもらうには一番いい場所(眺望よし、日当たりよし、風通しよし、人通り多し)なので、やさと紫陽花クラブの皆様が、血気盛んだった20年前、“手間かかるかもしれないが面白いじゃないか”と勢いで(意気投合して)で決めてしまった? あるいはここには伊坂ダムが出来る以前、特別のなにかがあった大切な場所であった。とか
     もし水不足が問題なら、約5m下の湖面から手押しポンプ(散歩、ジョギングの方に動かしていただく)で吸い上げるとか、花壇の高さを全体に30センチほど掘り下げるとか・・・ (言うのは簡単なのです)。

    3.アジサイプロムナード
    去年より少なくなったような気がしましたが、綺麗さには変わりありませんでした。ここでは、道より高い部分の斜面に植えている場所と道と同じ高さで植えている場所がありますが、心なしか水分を得るのに有利な低い位置のものの方が活きがよいように見えました。 ここは自生しているかのように見えるかもしれないので、取っていかれる方がいるのかもしれませんね。

    以上です。 まとめますと、環境が違う3か所に育てられた紫陽花を見ることが、リラックス/リフレッシュなどの癒し効果だけでなく運動を促し好奇心を刺激してくれてありがたく思いました。
     まだ終わっていませんが今年も紫陽花のお世話お疲れ様でした。ボランティアクラブとしても本当に頑張っていると思いますよ !(^^)!。

    • やさと紫陽花クラブ管理者kei より:

      Hiro-K様
      色々の観点からのご意見ご感想を有り難うございました。
      こんなにもいろんな事を考えたりまた、感じながら見て下さっている方がいると思うと感激の至りです。(*^_^*)
      単純に始めてしまった場所選びや定植。今思うともう少し深く調査なりするべきだったのではと後悔の念に駆られます。今さら言っても始まりませんので対策を考えるなりして管理?!を出来る限り続けていきたいと思っています。
      よい知恵がありましたら・・・・いや、知恵は沢山出して頂いていますね(失礼しました。)
      何はともあれ我々の紫陽花の花がHiro-K様を始め皆様の癒し効果また、脳の活性化に役立っている事を嬉しく思います。
      有り難うございました。では、また来年の紫陽花の季節に・・・・(こいのぼりも忘れないで!)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 あなたのお名前はコメント投稿者名としてホームページに表示されますが省略すれば匿名となります。 あなたのメールアドレスはホームページ上には表示されませんのでご安心ください。 (ご記入いただくことにより、ブログ投稿者からの直接の応答も可能となりますが、省略していただいても結構です) また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)