いいね!いいね! (7)
読み込み中...

早速雨の今日午後にアジサイの様子を見てきました。足元が悪かったのですが、晴れの日とはまた、違ったアジサイを見てきました。
今回は何も注釈なしです。

登り口ため池横

テニスコート横フェンス沿い

ここは日当たりが良すぎて日焼けしているようですね

アジサイプロムナード

「墨田の花火」は白からだんだんと青みがかって来ています。

それでは、今回のおまけです。

ちょっと遊びでガクアジサイの花の下(裏)から撮ってみました。(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

やさと紫陽花クラブのプロフィール
「やさと紫陽花クラブ」は、平成10年に発足し三重県四日市市の北部郊外の自然に恵まれたところで楽しく活動しているボランティア団体です。発足当時は6人(男性3人女性3人)でしたが、現在主なメンバーは4人(男性2人女性2人)で「団塊の世代」前後の生まれです。        
ゴールデンウィークには、「親子で作ろうこいのぼり」を開催して伊坂ダム湖周辺のサイクリングコースの大空に「作ったこいのぼり」を泳がせています。そして、伊坂ダム周辺で植樹したアジサイの管理活動を行っています。

それでは、また、見に行ってきます。(*^_^*)

 

 

コメント一覧
  1. いち老 より:

    今年も梅雨入りにあわせて見応えある紫陽花を咲かせて頂きました❗️いつも楽しみにして撮って見たり観賞させていただいております。管理していただいておられるクラブの方々に敬意を表します。

    • やさと紫陽花クラブ管理者kei より:

      いち老 様
      コメント有り難うございます。皆様に楽しんで季節を感じて頂く事が出来ているのを嬉しく思います。
      また、最近ではウォーキングをしている方が邪魔になった枝を切って下さり、助けて頂いています。
      有り難い事です。もっともっと伊坂ダムを素晴らしい憩いの場に出来たらいいな~と思っています。
      また、いち老様のご自慢の紫陽花の写真も拝見したいものです。(*^_^*)

  2. Hiro-K より:

    じっくり見過ぎていてコメントが遅れました(うそですよ~)。Zoom(拡大)してみると雨に濡れた様子が、これまた味わい深く、まさに2度おいしい写真の数々、楽しまさせていただきました。花の下から撮った写真もなかなか面白かったです。もう実際に見に行くまでもないな~ なんて うそですよ~。 確か一昨年は、雨が降らなくて、やきもきされていましたが、今年は、そこはよかったですね。 なんせバタバタしていて、まだ見に行っていないので、ちゃんと見てからまたコメントを書きたいと思います。

    • やさと紫陽花クラブ管理者kei より:

      Hiro-K 様
      うれしいコメントありがとうございます。いやいや実際のアジサイもきれいですよ!でも、我ながらアップした写真にほれぼれして、眺めています。美しい!!! まだまだこれからだと思いますので是非見に行ってください。アジサイが待っていますよ
      !(^^)!

  3. 花にお礼を より:

    伊坂ダムのあじさいについてこんな話がありましたこれは誰が世話してるのでしょうねという話題になりましたがNPO の人達でしょうという事ですが紫陽花クラブという愛好者の人が作られたのですよといいました、今は4人でされているということですがこの時期になると紫陽花通りというくらいキレイな花道がいつまでも咲かせて、咲いてくださるのでダムの名所です。花には誰もほめてくれませんし、お礼も言われませんが、いつまでも御世話をして下さる人にお礼を致します。

    • やさと紫陽花クラブ管理者kei より:

      花にお礼を 様
      コメントありがとうございました。伊坂ダムの名所だなんてまだまだ歯抜けの部分やいきとどかないところもあり恥ずかしい限りです。
      我々は、できる事をボチボチやれるだけ楽しみながら(苦しい時もありますが)やろう!というのがモットーですのでこんなもんです。(*^-^*)
      皆さんが眺めて下さることが肥やしになり「きれいな花を咲かそう!」と思い花は咲いてくれているのだと思います。また、何度か見に行って肥やしをあげて下さい。!(^^)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 あなたのお名前はコメント投稿者名としてホームページに表示されますが省略すれば匿名となります。 あなたのメールアドレスはホームページ上には表示されませんのでご安心ください。 (ご記入いただくことにより、ブログ投稿者からの直接の応答も可能となりますが、省略していただいても結構です) また、URLが含まれる記事は直ちには反映されません。(スパム対策)